すぐヤレる女の特徴

男女人気ダントツNO.1! 女性が多い出会い系なら
PCMAX デジカフェ

背が低いだけでちやほやされる

minijyo

男は背が高いほうがモテ、女は背が低いほうがモテる。こんなことは誰でも何となーく察しながら生きていると思います。もちろん顔も大事だけど、顔が多少タイプから外れていても背が低いだけで「守ってあげたい」という男の本能がこんにちはしやすいんですね。

背が低い彼女たちも、背が低いから嫌だ~子どもに見られる~と不満を言いつつも、背が低いことで周りから可愛がられる習慣が付いています。

じゃあ出会いには困ってないんじゃないか?と思われがちですが、反対に言えば誰にでも甘える習慣が付いているわけですから、可愛がってもらえると思えばホイホイと男に付いていくヤリマンになりやすいと言えます。 記事の続きをよむ⇒

頑張ってもセフレになれない女のメール

zettai

サイトなりSNSなり、出会い目的でそういった場に登録している女性なら少なくとも会う意思はあるし、最終的には男とそうなりたいという願望も秘めているでしょう。

しかし他人という人間はそう上手い流れに乗ってくれないもので、それを早い段階から見極められないと無駄なメール合戦や駆け引きだけが続いてしまいます。そうならないように、序盤で絶対股を開いてくれそうにない女は切り捨てていきましょう。

ヤレない女とは、最初からヤルつもりがない女のことだと思って下さい。ヤレる女は会うことやそうなることが大前提にあった上で悩みますが、ヤレない女は会うことすらも前提にないので、いかに会わないでヤラないで済むかを前提にメールを送ってきます。

ヤレるメールが「でも私今週は難しいかも~来週の土曜日の夜はどうかな?」みたいな感じだとしたら、ヤレないメールは「まだ私会うの不安に思ってて~エッチも悩んでるんだよね」と妙に核心に近づけない感じがします。

メールしてみると何となく掴めると思うので、これは実践あるのみです。 記事の続きをよむ⇒

見た目が派手な女は寂しがり屋

hade

高校を卒業したら、多くの男女が一度は通る道「茶髪・金髪」。髪色や髪型を変えて大学・専門デビューした人は「今までの自分にサヨウナラ!」という気持ちでやったのではないでしょうか。

しかしその後、だんだんと落ち着いていき、最終的にはみんな黒髪かこげ茶色かになっていきます。それでもずっと何かしら髪に対してこだわりを持っている人は、髪を変えたことで周りの反応が良くなったり構ってもらえたから、今更元に戻したくないという気持ちが強く働いています。

髪や見た目が普通でも存在感がある人気者は大勢いますが、その陰で見た目を派手にしておかなければ自分の存在が消えてしまうんじゃないかというくらい不安に思っている人も多いんです。

だから20代前半~上で派手な見た目をトレードマークにしているような女性は、構ってもらえたらすぐにコロリと落ちてくれる可能性が特大なのです。 記事の続きをよむ⇒

自虐的な女はすぐヤレる

sadgirl

自信がないことに対しては、誰でも「どうせ自分なんて」と思ってしまいますよね。仕事の人間関係はしっかり築けるのに、恋愛ではダメ男しか寄ってこない・・・なんて女性もいますが、これは恋愛に自信がないだけで自分に自信がないわけではありません。

しかし本当に自虐的な女性は、自分自身に自信が全くありません。何事においても「自分なんて」と悲観しているのです。自虐=分かって欲しい、寂しいというアピールなんです。

これは何事にも不器用だから周りにも認められてこず、だんだんと自信を失っていってしまった結果です。でも実は表現が苦手なだけで、頭の中はしっかりしている常識人も多いのです。

だから少しでも「そんなことないよ」「本当はこうだもんね」という言葉を掛けてあげれば、砂漠に落ちた一滴の水のように、自虐でしか自分を表現できなかった女性を救うことができるのです。

・・・と大げさに書きましたが、要は自虐的な女は分かったように口説けば一発、ってことですね。 記事の続きをよむ⇒

優柔不断=相手に決めてほしい

nayamu

女性から「何でもいいよ」と言われたことのある男は多いと思います。女性は基本的に優柔不断で、男からすればもっと自分を持てよ!と言いたくもなりますが、これは無意識に男性にリードしてもらいたいという心理が働いています。

ご存知の通り、この「何でもいいよ」は何でもよくない時が多いので男は苦労するんですが、別に何でも拒まないから好きにしていいという意味ではなく「あなたが決めて、あなたが指揮をとって」という意味です。

例えば男がホテルに誘ったとして、すぐに付いて行ってしまうと、自分から男に付いていった軽い女になってしまいます。でもそこで「どうしようかなぁ」と一旦悩んで男の反応を見て、男があらゆる言葉で説得してきたら「こんなに誘ってくれるなら断れないし」と、男のせいにしてホイッと付いていくことができるのです。

優柔不断なのは、単に自分に主導権や責任がくるのが嫌だから。その心理さえ分かっておけば、いつもあと一歩で熱い夜を逃す男でも冷静にチャンスをモノにすることができるでしょう。 記事の続きをよむ⇒