すぐヤレる女との出会い方

男女人気ダントツNO.1! 女性が多い出会い系なら
イククル(18禁) デジカフェ

ネットナンパはどんな男でも成功する

ナンパなんて大抵の男は無理です、メンタルが。街中で女性に声を掛けるだけでも勇気が要るのに、断られる度に大きなダメージが蓄積され、HPがゼロになってしまいます。

でもネット内で行うナンパ、ネトナンは、ナンパ特有のデメリットがほとんどありません。

ナンパの一番のデメリットは、成功率が低いことです。
それはなぜか?街を歩いている女性は別に出会いを求めてないからです。出勤中、友達との待ち合わせ、買い物など目的があってそこに居るわけです。だからそこでナンパしたとしても、邪魔な存在としてしか認識されません。

だけどネットには忙しい人ってまずいません。暇だったり時間が空いたからネットをしに来てるわけです。だからといって返事してもらえるかどうかは別ですが、少なくとも街中で声を掛けて歩みを止める人よりもネットで返事をくれる人のほうが圧倒的に多いに決まっています。

ネットナンパは必ず、どんな男でも成功します。ルックスが良ければそれだけで女性は食いつくし、見た目はイマイチでも文章力や誘い方が分かっていれば多くの女性から返事がきます。

街中でのナンパはイケメンでもなかなか成功しません。だってナンパされてデレデレするところを見られるなんて、女性からしたら超恥ずかしいんですよ。でもネトナンならどんな男でもメールで失礼なことや下ネタを言わない限りはいつか成功します。 記事の続きをよむ⇒

セフレ作りはまず優良サイト選びから

当たり前のことですが、セフレが欲しいと思ったらまず相手が必要です。セフレの作り方=出会い方って思っている人も多いと思いようですが、実はちょっと違うんですよね。

先に出会いがあって、セフレ作りに移行する。なので出会いでつまづいてしまうと、セフレ作りも上手くいかないことになりますが、反対に言えば出会いやすい環境で活動すればセフレ作りもスムーズに行えるということです。

セフレ作りをするには、優良サイトを選ぶ力や知識が必要です。優良サイトと悪質サイトの見極め方としては、両者が何を目的に運営しているかを考えると簡単です。

まず出会い系サイトというものは、男性側は有料、女性は無料である場合が多いです。
優良サイトの目的は、男女の仲介役になること。利用料を支払ってくれる男性会員の活動を活発にするために、相手となる女性会員を増やしてサイトを盛り上げる役割を担っています。

それに反して悪質サイトの目的は、男性会員から金を巻き上げること、それだけです。男性がお金を使うように女性会員がいるよう装ったり、利用料が分かりにくいところに小さく書いてあったり、その金額が高額だったり・・・。

優良サイトは堂々としているのが特徴で、悪質サイトは都合の悪いことは隠したがるのが特徴。その中でも一番分かりやすい判断材料は、利用料金の部分ですね。 記事の続きをよむ⇒

慣れてる男は意外と敬遠されやすい?

出会い系でどんどん会える男や簡単にセフレが作れるような男は、女の扱いに慣れている男というイメージがあります。

確かに女性は多少強引な男やワルっぽい男に惹かれやすい傾向もありますが、実際に体を許すとなるといかにも一晩限りで遊び捨てられそうな男は選びません。

出会い系の女性というのはリアルに出会いがない、出会いはあっても理想的な男性に出会えないという理由で参加している場合がほとんど。そのため前向きで積極的な性格の人よりも、大人しめで自分に自信がない女性のほうが多いです。

男から見ても、あまり女性との会話が得意ではないのにテンション高めのギャルが来たら引いてしまいますよね。それと同じで、女性も自分があまり積極的ではないのにイケイケの男子が来ても怖いだけなんです。

反対に安心できる相手とは「自分と似た人」です。自分と同じ会話レベル、緊張レベルの男性なら「緊張しているのはお互い様」と感じ心を開いてもらいやすいのです。

大人しめの人は同時に奥手である場合も多いので、最初からグイグイ来られるのを嫌がる女性にとってはむしろ安心感を与えられます。 記事の続きをよむ⇒

女は返事が遅い男が気になる!

そもそもなぜ出会い系のようなネットの世界に女子がいるのか?といえば、もちろん友達が欲しい彼氏が欲しいという人も多いでしょうけど、どんな目的だとしてもその根本に「一人が寂しい」「男に構ってほしい」という深層心理があります。

出会い系では女性会員のほうが少ないのが一般的なバランスなので、人数だけでいえば女性の方が有利です。女性から頑張ってメールを送らなくても、男からいくつかの誘いは自然ともらえるはずです。

だからこそ、自分が返事をしよう!と決めた相手の男からのメールが遅かった場合、何で返事が遅いの?と一層寂しさや構ってほしさに拍車が掛かるわけです。そうなると同じ一通のメールや返事でも、送られてきたときの嬉しさが何倍にもなるわけです。

同じような二人の男から連絡が来た場合、一人の男はすぐに返事をしもう一人はいつも返事が遅いとなると、確かに話していて楽しいのはすぐに返事をくれる男だと思います。しかし何となく気になって追いかけてしまうのは、返事が遅めの男なんですね。 記事の続きをよむ⇒

女にとってメールの頻度=安心感

mailsu

女が男と出会いたいと思う瞬間は、プライベートで何か変化があったときか、逆に何も変化がないときです。

変化といえば友達に彼氏ができたとか結婚したとか、幸せなニュースがあったときが多いですね。逆に何も変化がないといえば「男との出会いがない」の一言に尽きます。

どちらでも共通している感情が「寂しい・虚しい」というマイナスなもので、それを埋められるのはやっぱり男と接点を持つことしかありません。出会いがない女にとってはその男と接点を持つことすら難しい、これは男も同じですね。だから出会い系に参加するのです。

じゃあ出会い系で男と接点を持つには?そう、メールですね。

出会い系にいる女はすでに切羽詰っていて早く進展したいと考えています。その中でどの男が安心できてどの男とは会わないほうがいいのか、というのを判断するのはメールですが、ぶっちゃけ内容は綺麗事を並べれば違いなんて分かりません。女性もメールの内容が全てとは思っていないし信じてもいないでしょう。

でも、一つだけ女性を裏切らないことがあります。それが「メールの頻度」なんです。ふとしたときにメールをくれる相手がいる、返事がくる相手がいる。ナーバスになっている女性にとって、反応してくれる相手が最も安心感を持てる相手と言えるのです。 記事の続きをよむ⇒