人見知り男はネトナン(ネットナンパ)でセフレゲット

男女人気ダントツNO.1! 女性が多い出会い系なら
イククル(18禁) ウラデジ

ネットナンパはどんな男でも成功する

ナンパなんて大抵の男は無理です、メンタルが。街中で女性に声を掛けるだけでも勇気が要るのに、断られる度に大きなダメージが蓄積され、HPがゼロになってしまいます。

でもネット内で行うナンパ、ネトナンは、ナンパ特有のデメリットがほとんどありません。

ナンパの一番のデメリットは、成功率が低いことです。
それはなぜか?街を歩いている女性は別に出会いを求めてないからです。出勤中、友達との待ち合わせ、買い物など目的があってそこに居るわけです。だからそこでナンパしたとしても、邪魔な存在としてしか認識されません。

だけどネットには忙しい人ってまずいません。暇だったり時間が空いたからネットをしに来てるわけです。だからといって返事してもらえるかどうかは別ですが、少なくとも街中で声を掛けて歩みを止める人よりもネットで返事をくれる人のほうが圧倒的に多いに決まっています。

ネットナンパは必ず、どんな男でも成功します。ルックスが良ければそれだけで女性は食いつくし、見た目はイマイチでも文章力や誘い方が分かっていれば多くの女性から返事がきます。

街中でのナンパはイケメンでもなかなか成功しません。だってナンパされてデレデレするところを見られるなんて、女性からしたら超恥ずかしいんですよ。でもネトナンならどんな男でもメールで失礼なことや下ネタを言わない限りはいつか成功します。

女性はネトナンのここが嫌い

女性は街中でのナンパもネットナンパも、どっちも基本的には嫌いです。ナンパって明らかにエッチ目的じゃないですか。それを女性も分かってるんですよ。

日本の女性って世界的にみても、自分を可愛いだとか美人だとか思っていない人が多いそうです。自己肯定力が低いってやつですね。だからそんな人に可愛いとか綺麗だねと声を掛けても、それは単に身体目当てで褒めているだけだと思われます。

まぁ実際にそうなんですけど・・・(笑)
だからネトナンをストナンと同じようにやっちゃダメなんです。

ストナンでなぜ女性に嫌われるのに急に褒めながら声を掛けるかっていうと、スピード勝負だからです。彼女たちは目的地に向かって急ぎ気味に歩いているわけで、それに声を掛けるんですから「僕、こういう者でして実は今回・・・」なんて長々丁寧に説明していたら通り過ぎてしまいます。

だけどネトナンは急がなくても相手は逃げません。これが分からず、TwitterやFacebookなどでいきなり可愛いね!LINE交換しませんか?なんて言ってドン引かれてる男の多いこと多いこと・・・。

出会い系なら良いのかといえばそうではなく、出会い系でも「地元近いし今度会いませんか?」と声を掛けドン引かれてる男も数知れず。

逆に言えば、ナンパでも「いきなり距離を詰めない」「雑談から仲良くなっていく」「友達から始める」などゆっくり関係形成するようにすれば、知らない男から声を掛けられても嫌がられることはありません。

人見知りさんは相手の気持ちを汲んだり顔色を伺う能力に長けているので、自分のペースでゆっくり相手を引き付けられるネットナンパが向いています。

出会い系・マッチングアプリは成功率高!

当たり前っちゃ当たり前の話ですが、同じネットでも一般的なSNSよりも出会い系やマッチングアプリでネトナン活動したほうが成功率が高いです。

SNSは趣味や仲間内など特定の目的をもって活動している人が多いという点では、ある意味ストナンに似ています。それ以外の何も関わりがない男が入ってきたところで、何だコイツ?と早々にハブされてしまう可能性が高いんですよね。

だけど出会い系やマッチングアプリは、そこで活動しているというだけで出会いを待っている女性であることが分かります。

昔はメル友だけを探しているという女性も多かったんですが、今はそういった役割はSNSが担っているので、出会い系の会員はほぼ出会いを求める女性だけになっています。

ここで一点知っておきたいことは、女性はその気になればネットなど使わなくても出会いはあるし簡単にセックスもできるってこと。相手を選ばなければ、って感じですけどね。

それくらい女性は男が想像できないくらいそこらへんにチャンスが転がっているというのに、あえてネットで出会いを探したい女性たちがいる。

これはこっちが人見知りでネットナンパを選ぶように、女性側も人見知りでネットで誘われたいという想いがあるからです。

人見知り同士だと共感できる部分も多いと思います。共通点があればすぐに仲良くなれるのがマッチング系サイトなので、人見知りさんは気が合う人を簡単に見つけられるかもしれません。