酒好き女はセフレにしやすい

男女人気ダントツNO.1! 女性が多い出会い系なら
イククル(18禁) ウラデジ

酒好き女の一夜経験率は高い

酒好き女はセフレにしやすい

女は酒に酔わせて落とす、なんてテクニックを聞いたことがある男子は多いでしょう。酒が好きな女には2パターンあり、酒が大好きでなおかつ強い女と、酒は大好きだがすこぶる弱い女のどちらかに分かれます。

一見前者の酒が強い女は意識が飛ぶようなことがないので、しっかりしているように思えます。しかし酒で気持ちよくなるのが好きという性質に、酒が強い弱いは関係ありません。

違いを挙げるとしたら、酒に強い女は自らすすんでセフレになりますが、酒に弱い女は判断力を失って欲求が表に出るといった感じでしょうか。どちらも性に緩いところは同じで、ホテルに誘われたときのストッパーを自分で簡単に外す女か、自然に外れてしまう女かという違いでしょう。

酒繋がりで出会ったというだけで、女の方も最初から「何か」を期待しているといっても過言ではありません。お持ち帰りという言葉があるように、酒ありきの出会いには必ずくっつくか帰るかの二択があり、これは男だけでなく女も期待していることです。

女が一夜を共にするかどうかは出会ってから決めることですが、酒が入ることで確実にOKの方に天秤が傾くのは目に見えています。

酒は出会いや誘いのきっかけになる

酒好きは酒が苦手な人間と比べて、他人と関わる機会がとても多いと言われています。酒は趣味よりも多くの人が好きなもので、すぐ話に花が咲きます。合コンや街コンといったグループでの出会い方も、酒なしでは成立しません。

しかしグループで出会う方法やその中から女性に声を掛ける誘い方は、あまり経験がない男性には難しい。出会い系では、他のライバルがおらず一対一で落とせるので、成功率がかなり高くなっています。

酒好きは自分に一夜の経験がなくても、他の酒好きからセフレや不倫、火遊びといった刺激的な話題を耳にすることが多いです。そういう世界を知っている人と知らない人では、自分がそうなるまでのハードルの高さに差があります。

知っていれば自然と「そういう話はよくあることなんだ」と思いますから、いざ目の前に魅力的な男が現れたときに一線を超える確率がとても高いです。酒を通じてのコミュニケーションや、男がどんな目的で誘ってくるのかを知っているから、安全に誘われることができるのです。

下手に真面目を気取って相手からも真面目さを求められるより、ほどほど適当に会って一夜限りね!とさっぱり楽しめる女のほうが男にとって楽ですよね。

酒きっかけでセフレ関係は続く?

一夜限りのセフレと継続型のセフレは、正反対の性質を持っています。一夜限りは二度目がなくてもいいこと前提の出会い方ですが、長続きさせたいなら二度目以降も付き合えるような出会い方をしなければなりません。

では酒好きという共通点で出会った男女のセフレ関係は、長続きするのでしょうか?答えは、両方可能です。

酒は理性を飛ばすものでもあるし、趣味でもあります。だから要は出会い方次第なんですね。セフレ関係を長続きさせたければ、酒をただのきっかけではなく共通の趣味にする必要があります。

今日はココのバーや居酒屋でで飲もう、今度はどこにする?など、セックス以外の関わりを強くするのです。相手のことが分かれば分かるほど、セックス自体も盛り上がります。

もちろん恋人として恋愛するつもりが無いなら、セックス以外の交流はほどほどにしておかないといけませんが、いい関係をある程度の期間続けたいなら相手をセフレだけではない一人の女性として見てあげることも重要です。

逆を言えば、一夜限りで良いと思うならなるべく「酒の勢い」だけを大事にしましょう。翌日には夢だった、という感覚を女に植え付けるよう、あまり自分のことは喋らず相手のことも聞かないように気を付けましょう。