特集記事

※当サイトは出会い関連の情報を掲載しています。18歳未満の方は今すぐこちらから退出して下さい。

俺はイケメンじゃないから・・・メールも会話も苦手だから・・・奥手だから・・・。
そんな理由で女性とのエッチな出会いを諦めている人はいませんか?

ならば今から、イマイチだった自分にバイバイして下さい。
少しの勇気とちょっとしたセフレ作りのコツを手に入れることができたら、見違えるように女性が振り向いてくれる、ホテルへ付いてきてくれる・・・。

まずは、女性と出会わなければ始まりません。
すぐ女性と会える出会い方、すぐヤレる女の特徴、ホテルや自宅への誘い方。全てをココでお教えします。さぁ、勇気を出して男性限定の”楽しい時間”へレッツゴー!

男女人気ダントツNO.1! 女性が多い出会い系なら
イククル(18禁) ウラデジ

出会い系では男にも色気が必要

出会い系はそれまですれ違ったこともないような赤の他人と、1~2週間メールをした程度でデートをしたりセックスをしたりします。

元々の知り合いであれば外見がイマイチでも内面の魅力でカバーすることができますが、初対面となると外見が全てです。このときの外見というのはイケメンかそうでないかではなく「見た目の印象」のことです。

実際の人物を見たことがない人にとっては写メが全てで、写メを見て優しそう、怖そうという雰囲気から面白そう、愚痴ばかり言いそうという会った時の動きまでを想像します。

女性は、せっかくお知り合いになれるならドキドキできるような男性と出会いたい!と思っています。「この人と会ったら私どうなっちゃうのかしら、キャー!」みたいな(笑)ハッキリ言ってしまえば「抱かれてもいい男」を求めているんですよね。

もちろん実際に抱かれるかは会ってから判断する女性がほとんどですが。なのでブサイク、イケメンというより「色気」がある写メを撮って掲載できた男が勝つ!と言っても過言ではありません。 記事の続きをよむ⇒

女の嫉妬深さを利用する

女って別に好きな男じゃなくても、自分と仲良くしている男が別の女に目を奪われているのを見ると嫉妬するそうです。基本的に自分だけを見てほしい生き物なんですよね。

その心理を利用すれば、メールが下手でもイケメンじゃなくても、案外簡単に会えてしまいます。

出会い系での女性は、待っているだけで色んな男からメールを貰えます。モテてるわけじゃなくてただヤリたい男がいっぱいいるってだけなんですけど(笑)だから一見、俺なんかが他の女の存在を匂わせたところで効果はないだろう、と思うかもしれません。

でも1週間くらいメールをすればどんな他人同士でもそこそこ距離が縮まります。そろそろ誘われたら会っても良いかな?と女性が思い始めてきた頃合いで他の女性の存在が出てきたら・・・絶対私を選んでほしい!と意地になるはずです。 記事の続きをよむ⇒

ネットナンパはどんな男でも成功する

ナンパなんて大抵の男は無理です、メンタルが。街中で女性に声を掛けるだけでも勇気が要るのに、断られる度に大きなダメージが蓄積され、HPがゼロになってしまいます。

でもネット内で行うナンパ、ネトナンは、ナンパ特有のデメリットがほとんどありません。

ナンパの一番のデメリットは、成功率が低いことです。
それはなぜか?街を歩いている女性は別に出会いを求めてないからです。出勤中、友達との待ち合わせ、買い物など目的があってそこに居るわけです。だからそこでナンパしたとしても、邪魔な存在としてしか認識されません。

だけどネットには忙しい人ってまずいません。暇だったり時間が空いたからネットをしに来てるわけです。だからといって返事してもらえるかどうかは別ですが、少なくとも街中で声を掛けて歩みを止める人よりもネットで返事をくれる人のほうが圧倒的に多いに決まっています。

ネットナンパは必ず、どんな男でも成功します。ルックスが良ければそれだけで女性は食いつくし、見た目はイマイチでも文章力や誘い方が分かっていれば多くの女性から返事がきます。

街中でのナンパはイケメンでもなかなか成功しません。だってナンパされてデレデレするところを見られるなんて、女性からしたら超恥ずかしいんですよ。でもネトナンならどんな男でもメールで失礼なことや下ネタを言わない限りはいつか成功します。 記事の続きをよむ⇒

今日からヤリマンではなく”真面目女子”を探せ

すぐヤレる女、と聞くと、誰だってヤリマンエロビ〇チを想像しますよね。でもそんな女性はAVかアニメの中にしかいないと言っても過言ではありません。

女性がセックスをしたいかしたくないかと、メールが過激かどうかは別の話だからです。

例えば初めから「おっぱい何カップ?」「彼女との夜はどうよ?」なんて性的な部分を聞いてくるのは大体男ですよね。女性が「アソコのサイズ何センチ?」「彼女との夜はどうよ?」なんて男に話し掛けてるところ想像できますか?

そう、女性は男性とは違い、例えメールであっても踏み込んだ話はしません。仲良くなればまた別ですが、それでも節度を持った下ネタくらいのレベルだと思います。

セフレと出会いたい男性は、とにかく出会い系にいる女の現実を見る必要があります。女性はそこまでエッチじゃない、早く会いたいなんて言わない・思わない、安全・安心第一で男を探す、というのが現実です。

エッチなプロフやセリフなど表面的なところで判断すると、それこそ本物の女性会員ではない可能性が高くなります。女性は普通ヤリマンや軽い女と思われたくないですから、わざわざ自分からウェルカムな態度は取りません。

真面目女子はいわゆる「隠れヤリマン」です。出会いが無いから出会い系という選択肢を取るような女は、心の底ではウェルカムだからです。この事実さえ覚えておけば、少なくとも分かりやすいサクラや美人局に引っかかる恐れはなくなるでしょう。 記事の続きをよむ⇒

女がセックスを断る理由は2つ

一般的に女より男のほうが、セックスしたい!と思う瞬間が多いです。なので男性は1回くらいは、セックスに誘っても断られる、という経験をしているんじゃないかと思います。

しょうがないとは言え、断られる頻度が高くなるとどんどん心も折れていきますよね。せめて何がダメだったのか、理由が知りたいところです。

果たして女はどんなときにセックスを断っているのか、細かい理由は人それぞれでしょうが、大きな理由としては「その気にならなかった」と「不安を感じた」この2つです。これは両方、セックスするほどの男ではなかった、と言い換えることができます。

大抵これは女性が手厳しかったのではなく、男の誘う力量が足りなさ過ぎたことが原因です。セフレとして出会ったとしても他人と他人ですから、最初から女性の穴を目当てにしてる男なんて女性が選ぶはずありません。

初対面など最初の方にセックスを断られる場合は、その気にならなかったというより「まだ不安がある」という感じでしょう。急ぎすぎが原因です。

逆に何度も会っているのにできない、何度か会って自然消滅した・・・という場合は「その気にならなかった」、つまり男からすれば「その気にさせることができなかった」と言えますね。 記事の続きをよむ⇒