すぐヤレる女の特徴

酒好き女の一夜経験率は高い

酒好き女はセフレにしやすい

女は酒に酔わせて落とす、なんてテクニックを聞いたことがある男子は多いでしょう。酒が好きな女には2パターンあり、酒が大好きでなおかつ強い女と、酒は大好きだがすこぶる弱い女のどちらかに分かれます。

一見前者の酒が強い女は意識が飛ぶようなことがないので、しっかりしているように思えます。しかし酒で気持ちよくなるのが好きという性質に、酒が強い弱いは関係ありません。

違いを挙げるとしたら、酒に強い女は自らすすんでセフレになりますが、酒に弱い女は判断力を失って欲求が表に出るといった感じでしょうか。どちらも性に緩いところは同じで、ホテルに誘われたときのストッパーを自分で簡単に外す女か、自然に外れてしまう女かという違いでしょう。

酒繋がりで出会ったというだけで、女の方も最初から「何か」を期待しているといっても過言ではありません。お持ち帰りという言葉があるように、酒ありきの出会いには必ずくっつくか帰るかの二択があり、これは男だけでなく女も期待していることです。

女が一夜を共にするかどうかは出会ってから決めることですが、酒が入ることで確実にOKの方に天秤が傾くのは目に見えています。 記事の続きをよむ⇒

すぐ相談してくる女ってどんな子?

出会い系に参加しているような女は、どんな目的であれ「寂しさ」が根底にあります。構ってほしい、自分の価値を知りたいという他人に必要とされたい欲があって活動しています。

だから実際に男と知り合ったとき、どういう反応をするかでその女がすぐヤレる子なのかお堅い子なのかが分かります。

出会いが少ない女が男に対して求めているのは「話し相手になってくれる」ことです。
メールがスタートすれば自然と会話は始まり、実際に会った後も面と向かってお喋りをしますよね。その時に、すぐにプライベートなことを相談したり愚痴を言ったりする女は、男を簡単に信用しすぎる傾向があります。

例えばしている仕事内容を喋ったり、そこでの出来事や内情を愚痴ったり、中には働いている会社や店舗の名前まで言ってしまうような危機感の薄い子もいます。

きちんと初対面だという危機感を持つ女性なら、どんなに男側からうまく質問をしても隠すところは隠すというスタンスを崩さないでしょう。

しかしすぐにペラペラと自分のことを喋ったり、どう思う?などと相談までしてくるような女は、相手がどんな男だろうと最初から心を開くのがクセのようになっています。プライベートを切り売りして気を引く芸能人みたいなもので、プライドがあまりないのです。 記事の続きをよむ⇒

性欲が薄いのに出会いを求めてる女は・・・

ヤリマンという言葉を聞いたとき、性欲が強くてムラムラして男遊びしてるんだろうなというイメージがどうしてもあります。

だけど、男のように性欲に突き動かされてセフレを求めているだけの女性はほぼいません。それは男性も薄々分かっていることじゃないかと思います。

もちろん性欲が強いからセフレを求めているという女性もいますが、ごく少数派です。性欲が強い女性と薄い女性の何が違うかと言えば、セックスという行為自体を楽しむかセックスという行為で心の穴を埋めるかという目的の違いです。

セックスが大好きな女性はセックス自体のテクニックや盛り上がりを重視しますが、性欲が薄い女性は何回・何人に自分が抱かれるかを重視します。

そしてどちらかというとテクなどはあまり関係ない、構ってくれる人がたくさんほしい、という性欲薄いさんのほうが回数・人数的には立派なヤリマンです。性欲が強い女性が分かりやすいヤリマンならば、性欲薄い女性は影のヤリマンと言えますね。 記事の続きをよむ⇒

男ウケする女は、女友達が少ない!

好感度の高い有名人でも全人類から好かれることができないように、一般人ならなおさら好かれる嫌われるがあるはずです。

その一つの例として、同じ「女性」でも同性から好かれるタイプと異性から好かれるタイプの2つに分かれます。

ここで重要になるのは、女友達がそこそこいたら合コンや紹介など出会い系を使わなくてもそれなりに出会いのチャンスがあるはずだということ。

もちろん女友達が多くても異性との縁に恵まれず参加している人もいますが、友達との交流が多ければ多いほど「こういう男には気をつけろ!」的な情報をたくさん知っているので、男側からするとちょっと落としにくいんですよね(笑)。

反対に、男の知り合いが多いような女は女友達が少ない場合が多いです。男の影がチラチラしている女性を見て、女性がいい気分になることはないですよね。

女友達がいない女は、女には嫌われるけど男にはえらい好かれるタイプ、という極端な場合であることが多いのです。 記事の続きをよむ⇒

下ネタはヤレるヤレないの基準になる

一般的に女性との出会いでは、仮にお互い遊び目的だったとしてもあからさまな下ネタは嫌われます。

真面目な出会いなら分かりますが、なぜ遊び目的の女性に対してもNGなのかというと、自分が軽い女として扱われているような気がするからです。それはそうですよね、誰だって簡単に股を開く女だなんて思われたくないに決まっています。

だけどその反面、「下ネタ」というのはよっぽどの箱入り娘でない限り(出会い系サイトを使っている時点でそれはあり得ませんが)女性でも好きな人が多いです。下ネタとは言い換えればむっつりすけべ、際どい話だけど直接的ではありません。

女性はこの際どい話に興味を持つ人が多いです。

もちろんその相手がスケベで気持ち悪い上司だったら最悪でしょうが、相手は自分自ら参加している出会いの場で知り合った男です。しかもメールの段階なので、ここで下ネタに乗ったからと言って必ず会ってセックスをしないといけないとは限りません。

下ネタは案外誰でも大丈夫なものなんですね。

だからこそ、多少の下ネタで返事が来なくなったりやめて下さいなど怒ってくる女性は最初から選ばないほうがいいという基準になるのです。 記事の続きをよむ⇒