ヤレる女は下ネタに乗ってくれる!

男女人気ダントツNO.1! 女性が多い出会い系なら
イククル(18禁) デジカフェ

下ネタはヤレるヤレないの基準になる

一般的に女性との出会いでは、仮にお互い遊び目的だったとしてもあからさまな下ネタは嫌われます。

真面目な出会いなら分かりますが、なぜ遊び目的の女性に対してもNGなのかというと、自分が軽い女として扱われているような気がするからです。それはそうですよね、誰だって簡単に股を開く女だなんて思われたくないに決まっています。

だけどその反面、「下ネタ」というのはよっぽどの箱入り娘でない限り(出会い系サイトを使っている時点でそれはあり得ませんが)女性でも好きな人が多いです。下ネタとは言い換えればむっつりすけべ、際どい話だけど直接的ではありません。

女性はこの際どい話に興味を持つ人が多いです。

もちろんその相手がスケベで気持ち悪い上司だったら最悪でしょうが、相手は自分自ら参加している出会いの場で知り合った男です。しかもメールの段階なので、ここで下ネタに乗ったからと言って必ず会ってセックスをしないといけないとは限りません。

下ネタは案外誰でも大丈夫なものなんですね。

だからこそ、多少の下ネタで返事が来なくなったりやめて下さいなど怒ってくる女性は最初から選ばないほうがいいという基準になるのです。

下ネタは女性のヤリたいを刺激する

下ネタというは実に万能で、恥ずかしいことでも冗談としてサラッと会話に入れられます。下ネタは悪いイメージを持たれがちですが、そもそも出会い系はお互いが出会いを求めている立場ですから、お互いを異性として意識しないと発展しないわけです。

ネットではない普通の出会いなら、異性として意識するまで長い知り合い・友達期間が必要なわけですが、ネットの出会いではお互いそんな気長なことは言っていられません。

だけど、女性から積極的に会おうセックスしようなんて言えない。かといって誰でもいいから誘ってるタイプの男とは会いたいと思えない。

下ネタは、いわゆる「ネット上での世間話」に近いものがあります。下ネタを言わないけどすぐ会おうとしてくる男よりも、エッチな話も挟みながら大人の会話をじっくり楽しめるような男がいい。実はこういうタイプの女性は多いんですよね。

大人の男女であれば、夜に時間が空くことが多いでしょうから、ほどよい下ネタは女性の心を熱く刺激します。1日疲れたあとの、男との会話だけでも非日常感があり、その上エッチなことまで囁かれたら・・・。上手い男は下ネタを巧みに使いこなしているのです。

下ネタが好き=ヤレるではない

下ネタを拒否するのではなく楽しめるタイプの女性は、簡単に出会えそうな気がするしホテルも簡単にイケそうな気がします。

だけど、下ネタが好きで会話が盛り上がったからといって、出会ってすぐヤレるというわけではありません。逆に下ネタにあまり乗れない女性のほうが、男にリードされるがままにさせちゃうこともあるのです。

えっ、じゃあ下ネタがOKだったからって実際にセックスできるわけじゃないのか?と不安になる人もいるかもしれませんが、あくまでも「下ネタを普通に流せたり楽しめたりする人にお堅い人はいない」という基準になっているだけです。

要するにエッチなことに抵抗感がないというだけで、”あなた”と絶対ホテルに行ってくれるかは、会ってからのあなた次第なんですね。

下ネタというのは、これまで自分の周りに言う男性(女性でも)が居たかどうかで耐性がついているかいないかが決まります。下ネタを受け付けない女性は、男というものの現実を知らず憧れだけが強い場合が多いです。

そういう女性に当たってしまうと会うまでも会ってからも苦労するので、第一段階として下ネタを受け付ける、楽しめる女性を誘ってみるのがおすすめというわけです。