ヤレる女はいつでもメールできる男に食いつく

男女人気ダントツNO.1! 女性が多い出会い系なら
イククル(18禁) デジカフェ

女にとってメールの頻度=安心感

mailsu

女が男と出会いたいと思う瞬間は、プライベートで何か変化があったときか、逆に何も変化がないときです。

変化といえば友達に彼氏ができたとか結婚したとか、幸せなニュースがあったときが多いですね。逆に何も変化がないといえば「男との出会いがない」の一言に尽きます。

どちらでも共通している感情が「寂しい・虚しい」というマイナスなもので、それを埋められるのはやっぱり男と接点を持つことしかありません。出会いがない女にとってはその男と接点を持つことすら難しい、これは男も同じですね。だから出会い系に参加するのです。

じゃあ出会い系で男と接点を持つには?そう、メールですね。

出会い系にいる女はすでに切羽詰っていて早く進展したいと考えています。その中でどの男が安心できてどの男とは会わないほうがいいのか、というのを判断するのはメールですが、ぶっちゃけ内容は綺麗事を並べれば違いなんて分かりません。女性もメールの内容が全てとは思っていないし信じてもいないでしょう。

でも、一つだけ女性を裏切らないことがあります。それが「メールの頻度」なんです。ふとしたときにメールをくれる相手がいる、返事がくる相手がいる。ナーバスになっている女性にとって、反応してくれる相手が最も安心感を持てる相手と言えるのです。

頻繁にメールチェックする男が勝つ

ヤレる女というのは、決して誰とでもヤるようなヤリマンだけではありません。というかむしろ誰でもタイプは少なく、心が弱っているときにコロリといくタイプが多いような気がします。

信頼した人とだけしか関係を結ばないような人が少し心に隙間が出来るときがあって、ちょうどその時に構ってくれる優しい男がいたらコロッといってしまう。リアルな世界とは違い出会い系では構ってくれる男が多いから優しい男ばかりだと勘違いして、体を預けてしまう。

本人としては定住先を探しているんだけど、男から見たら格好のヤリマンって感じですね。

だとしても、出会い系は女よりも男の方が割合が多いので、普通にメールしているだけでは大多数の一人止まりになってしまう可能性が高いです。ここで勝つのが、頻繁にメールチェックをし、来ていたらほどよいタイミングでほどよい内容で返事を送れる男。

1つ1つの内容が勝負!というわけではないので、短くてもいいしよく考えたらどうでもいいよねってことでもOK。デートを重ねると親密度が上がってくるカップルと同じで、ネットの出会いではメールを重ねるごとに親密度が上がると考えていいでしょう。

相手を絞ってでもメールを増やす

普通に考えると、メールくらい毎日できるでしょと思っている男女が多いです。だってメールなんて数分あれば送れますから、いくら忙しくても一日1~2通は頑張らなくても送れるはずです。

でも実際にメールし始めてみると、1人と知り合った後でも他の女性からメールがきたり返事が来たりして、1人だけを相手にしていればいい状況ではないことに気が付きます。
しかも人によって連絡可能な時間帯が違ったり、もう会う段階までいっていたりまだ敬語で話す段階だったりして、内容や送り方を変えて考えなくてはなりません。

確かにメールする人数を増やすことも出会いのチャンスを増やすことに繋がりますが、それよりも「相手を絞ってメールを増やす」ほうが簡単です。

出会い系を使っている他の男は人数を増やして出会えるチャンスを増やす方法を取っている人が多いですが、ということはあまり1人当たりのメール数は多くできないということです。だから出会う話になる前に自然消滅してしまい無駄な時間とメール代が発生してしまうんです。

それを逆手にとり、人数は減るけれど1人当たりのメール数をグンと増やすことで「この人はちゃんと私を見てくれている」と思ってもらう。そのほうが深いことを考えなくていいし、出会える成功率も高いです。