特集記事

※当サイトは出会い関連の情報を掲載しています。18歳未満の方は今すぐこちらから退出して下さい。

俺はイケメンじゃないから・・・メールも会話も苦手だから・・・奥手だから・・・。
そんな理由で女性とのエッチな出会いを諦めている人はいませんか?

ならば今から、イマイチだった自分にバイバイして下さい。
少しの勇気とちょっとしたセフレ作りのコツを手に入れることができたら、見違えるように女性が振り向いてくれる、ホテルへ付いてきてくれる・・・。

まずは、女性と出会わなければ始まりません。
すぐ女性と会える出会い方、すぐヤレる女の特徴、ホテルや自宅への誘い方。全てをココでお教えします。さぁ、勇気を出して男性限定の”楽しい時間”へレッツゴー!

男女人気ダントツNO.1! 女性が多い出会い系なら
ハッピーメール<18禁> デジカフェ

女は返事が遅い男が気になる!

そもそもなぜ出会い系のようなネットの世界に女子がいるのか?といえば、もちろん友達が欲しい彼氏が欲しいという人も多いでしょうけど、どんな目的だとしてもその根本に「一人が寂しい」「男に構ってほしい」という深層心理があります。

出会い系では女性会員のほうが少ないのが一般的なバランスなので、人数だけでいえば女性の方が有利です。女性から頑張ってメールを送らなくても、男からいくつかの誘いは自然ともらえるはずです。

だからこそ、自分が返事をしよう!と決めた相手の男からのメールが遅かった場合、何で返事が遅いの?と一層寂しさや構ってほしさに拍車が掛かるわけです。そうなると同じ一通のメールや返事でも、送られてきたときの嬉しさが何倍にもなるわけです。

同じような二人の男から連絡が来た場合、一人の男はすぐに返事をしもう一人はいつも返事が遅いとなると、確かに話していて楽しいのはすぐに返事をくれる男だと思います。しかし何となく気になって追いかけてしまうのは、返事が遅めの男なんですね。 記事の続きをよむ⇒

性欲が薄いのに出会いを求めてる女は・・・

ヤリマンという言葉を聞いたとき、性欲が強くてムラムラして男遊びしてるんだろうなというイメージがどうしてもあります。

だけど、男のように性欲に突き動かされてセフレを求めているだけの女性はほぼいません。それは男性も薄々分かっていることじゃないかと思います。

もちろん性欲が強いからセフレを求めているという女性もいますが、ごく少数派です。性欲が強い女性と薄い女性の何が違うかと言えば、セックスという行為自体を楽しむかセックスという行為で心の穴を埋めるかという目的の違いです。

セックスが大好きな女性はセックス自体のテクニックや盛り上がりを重視しますが、性欲が薄い女性は何回・何人に自分が抱かれるかを重視します。

そしてどちらかというとテクなどはあまり関係ない、構ってくれる人がたくさんほしい、という性欲薄いさんのほうが回数・人数的には立派なヤリマンです。性欲が強い女性が分かりやすいヤリマンならば、性欲薄い女性は影のヤリマンと言えますね。 記事の続きをよむ⇒

男ウケする女は、女友達が少ない!

好感度の高い有名人でも全人類から好かれることができないように、一般人ならなおさら好かれる嫌われるがあるはずです。

その一つの例として、同じ「女性」でも同性から好かれるタイプと異性から好かれるタイプの2つに分かれます。

ここで重要になるのは、女友達がそこそこいたら合コンや紹介など出会い系を使わなくてもそれなりに出会いのチャンスがあるはずだということ。

もちろん女友達が多くても異性との縁に恵まれず参加している人もいますが、友達との交流が多ければ多いほど「こういう男には気をつけろ!」的な情報をたくさん知っているので、男側からするとちょっと落としにくいんですよね(笑)。

反対に、男の知り合いが多いような女は女友達が少ない場合が多いです。男の影がチラチラしている女性を見て、女性がいい気分になることはないですよね。

女友達がいない女は、女には嫌われるけど男にはえらい好かれるタイプ、という極端な場合であることが多いのです。 記事の続きをよむ⇒

下ネタはヤレるヤレないの基準になる

一般的に女性との出会いでは、仮にお互い遊び目的だったとしてもあからさまな下ネタは嫌われます。

真面目な出会いなら分かりますが、なぜ遊び目的の女性に対してもNGなのかというと、自分が軽い女として扱われているような気がするからです。それはそうですよね、誰だって簡単に股を開く女だなんて思われたくないに決まっています。

だけどその反面、「下ネタ」というのはよっぽどの箱入り娘でない限り(出会い系サイトを使っている時点でそれはあり得ませんが)女性でも好きな人が多いです。下ネタとは言い換えればむっつりすけべ、際どい話だけど直接的ではありません。

女性はこの際どい話に興味を持つ人が多いです。

もちろんその相手がスケベで気持ち悪い上司だったら最悪でしょうが、相手は自分自ら参加している出会いの場で知り合った男です。しかもメールの段階なので、ここで下ネタに乗ったからと言って必ず会ってセックスをしないといけないとは限りません。

下ネタは案外誰でも大丈夫なものなんですね。

だからこそ、多少の下ネタで返事が来なくなったりやめて下さいなど怒ってくる女性は最初から選ばないほうがいいという基準になるのです。 記事の続きをよむ⇒

女にとってメールの頻度=安心感

mailsu

女が男と出会いたいと思う瞬間は、プライベートで何か変化があったときか、逆に何も変化がないときです。

変化といえば友達に彼氏ができたとか結婚したとか、幸せなニュースがあったときが多いですね。逆に何も変化がないといえば「男との出会いがない」の一言に尽きます。

どちらでも共通している感情が「寂しい・虚しい」というマイナスなもので、それを埋められるのはやっぱり男と接点を持つことしかありません。出会いがない女にとってはその男と接点を持つことすら難しい、これは男も同じですね。だから出会い系に参加するのです。

じゃあ出会い系で男と接点を持つには?そう、メールですね。

出会い系にいる女はすでに切羽詰っていて早く進展したいと考えています。その中でどの男が安心できてどの男とは会わないほうがいいのか、というのを判断するのはメールですが、ぶっちゃけ内容は綺麗事を並べれば違いなんて分かりません。女性もメールの内容が全てとは思っていないし信じてもいないでしょう。

でも、一つだけ女性を裏切らないことがあります。それが「メールの頻度」なんです。ふとしたときにメールをくれる相手がいる、返事がくる相手がいる。ナーバスになっている女性にとって、反応してくれる相手が最も安心感を持てる相手と言えるのです。 記事の続きをよむ⇒